DIALYSIS

人工透析について

患者様とのコミュニケーションを第一にアットホームな透析環境を心掛けています。

人工透析について

人工透析とはどのような治療?

腎臓の働きが低下すると、血液中にたまった水分や毒素がろ過が出来なくなり、尿毒症となります。
そのような状態を改善するための治療が、血液浄化療法です。

当院の人工透析に対して特に留意していることですか?

患者さんと院長・スタッフとの距離が近いアットホームな透析室を目指しています。

透析患者さんへのご案内
~サポート体制~

外来患者さんへ

泌尿器科の診療を行っています。当院の後方支援病院は「海老名総合病院」「東海大学医学部付属病院」「北里大学病院」などがあり病診連携もスムーズに行っています。透析患者さんには安心して透析療法を受けて頂いております。

透析患者さんへ

  1. 透析患者さんで、送迎を希望される方については、ご自宅の玄関口からクリニックまでの送迎サービスを行っております。
    お気軽にお申し付け下さい。
  2. 透析患者さんの食事管理についての栄養相談は、栄養士が直接指導しております。
  3. 透析患者さんの患者会が行う年1回の一泊旅行には、院長・看護師・臨床工学技士も同行参加しますので安心して議論やカラオケ、ダンスなどを楽しんで頂けます。
  4. 腎移植を患者さんの希望に沿って進めています。北里大学病院、東海大学医学部付属病院と連携して行っています。

1F外来窓口

1F外来窓口

午後の申し送り

午後の申し送り

透析開始前の点検

透析開始前の点検

モニターのメンテナンス

モニターのメンテナンス

透析システムのサーバー室

透析システムのサーバー室

運転課と送迎車

運転課と送迎車

当院の人工透析の設備

  1. 患者監視モニターはベッド数に合わせ63台と予備機があります。
  2. 透析液供給装置も2台あり非常時対応も可能です。
  3. 水処理装置は海老名の水質の良い原水を逆浸透膜水処理装置(RO装置)で処理した水を使用しています。RO装置は原発事故で飛散する放射性物質も除去されますので安心できる透析液が供給されています。
  4. 透析後の排液も2次処理装置で処理しています。
  5. 非常用自家発電装置を完備しており、透析設備は通常通り使用でき、緊急時にはエレベーターをはじめ全ての電気機器の使用が可能です。

透析室は2階と3階にあります。

透析室は2階と3階にあります。

患者モニター/透析用ベッドは63台あります。

患者モニター/透析用ベッドは63台あります。

患者モニターは63台です。

患者モニターは63台です。

透析液供給装置

透析液供給装置

手術室

手術室

自家発電装置が完備しております。

自家発電装置が完備しております。

透析関連の装置・機械、電灯、エレベーター他腎健クリニックの全て使用可能な発電容量を持っています。