外来診療

内科
内科

地域に根ざした何でも相談できる「かかりつけ医」として、疾病の予防、早期発見、早期治療を含めた包括的な医療を提供します。
必要時にはすみやかに各専門科にご紹介いたします。
健診で血圧やコレステロール、血糖値が高いと指摘を受けた方や体調が悪い、ふらつく、胸が痛い、腹痛がある、呼吸が苦しい、だるさが続く、発熱、検診でひっかかった、なかなか血圧が下がらない、動脈硬化による病気が心配など、ちょっとしたことでもかまいませんのでぜひご相談ください。

内科(院長外来)
9:30~12:30 -
※第3水曜日は休診
人工透析
人工透析

透析ベッドは70床あり、柱の無い広々した空間に無風空調設備、間接照明など、できるだけ快適に過ごせる環境をご用意いたしました。
血液透析に不可欠な経皮的シャント拡張術・血栓除去術(PTA)や末梢動静脈瘻造設術(シャント造設)の手術など、患者さんの状態に即応できる態勢を整えています。

人工透析
8:00~23:00
※外来人工透析の開始時間は①8時 ②9時~10時 ③12時半~13時 ④16時半~18時半です。
※人工透析は月~土曜日の毎日行っています。透析最終終了時間は毎日22時半です。
腎臓内科
腎臓内科

初期の腎臓病は症状がほとんどなく気づきにくいと言われています。

  • 体調はなんともないが、健診で腎機能が悪い、尿蛋白や血尿にチェックがついた方。
    ぜひ一度ご相談ください。重大な問題になる前に早期に診断や治療を受けることがとても大切です。
  • むくみが急にでてきた、むくみがなかなかひかずに悪化する・尿の量が少なくなった、夜間に多くなった、尿の泡立ちが消えない、尿が褐色に濁る、このような症状は腎不全の発症や進行、腎炎による尿蛋白増加や血尿などによる症状かもしれません。
    糖尿病だが、腎機能の数値が正常以下あるいは正常値を大きく上回るeGFR値、一般尿検査で尿蛋白がある、微量アルブミン尿が陽性である。
    すでに症状のある方は確定診断と早めの対策が必要です。出来るだけ早くご相談ください。
腎臓内科
9:30~12:30 - - -
14:00~18:00 - - - -
※第2土曜日は休診
泌尿器科
泌尿器科

男女を問わず尿が出にくい、トイレが近い、尿が漏れる、尿に血が混じる、排尿に痛みを伴う等の泌尿器科疾患を疑う症状がございましたら、まずは外来診療へお越しください。
腎臓、膀胱、尿道などの男女尿路系から、精巣・精管・前立腺・陰茎などの男性生殖器系の全般的なトラブルに対する診療を行っています。

*毎週月曜日は小児の泌尿器科診療も行います。夜尿症(おねしょ)や包茎、包皮炎、陰のう水腫、停留精巣、そけいヘルニア(脱腸)などの他、泌尿器に関するご心配事は気軽にご相談ください。

*泌尿器科の診療では、尿検査が必要になる場合がありますので、来院直前にはできるだけ排尿なさらずにお越しください。

泌尿器科
9:30~12:30 - - - 10:30~
14:00~18:00 - - - 15:00~
外来担当
外来担当表
診療時間
内科
泌尿器科
(院長外来)
- 9:30〜12:30 9:30〜12:30
第3水曜日休診
9:30〜12:30 9:30〜12:30 9:30〜12:30
腎臓内科 - - 9:30〜12:30 9:30〜12:30 - 9:30〜12:30
第2土曜日休診
- - 14:00〜18:00 - - 14:00〜18:00
第2土曜日休診
泌尿器科 9:30〜12:30 - 9:30〜12:30 - - 10:30〜12:30
14:00〜18:00 - 14:00〜18:00 - - 15:00〜18:00
外来担当医
髙橋 裕一郎 (Y. Takahashi, M.D., Ph.D.)
  • 日本腎臓学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士
髙橋 浩雄 (H. Takahashi, M.D., Ph.D.)
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医
  • 日本透析医学会 透析専門医・指導医
  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
  • 日本救急医学会 救急科専門医
  • 医学博士
北里大学医学部 泌尿器科医師
pagetop